旅日記仙台・盛岡編


NOV.15-16.2005



秋深まる11月兼ねてから行きたかった東北へ。

急に寒くなり暦の上だけではなく

もう冬という感じに、雪も降るかなと心配しながら

空路仙台まで。

オープン以来お世話になっている

BUS STOP STOREのわらさんがリムジンバスのバス停まで

来て下さって、

まずはお昼を食べましょうとオーガニックのレストランに

連れて行ってもらいました。







オーガニック食材や雑貨も置いてある

フレンチっぽい雰囲気のお店でした。



ランチはほうれんそうや香菜などお野菜だけのカレー

さつまいものマリネ

カリフラワーのスープ。

食後にはカモミールティーと素朴なクッキー。

お野菜の味が活かされたホッとする感じの味で

ひと心地つきました。



お昼のあとはぶらぶらと歩いて

古道具屋さんをのぞいたりしながら

仙台の光原社まで。


コシュカコシュカのノリコさんも合流して一緒にお茶をしました。

ほんの短い時間でしたが、こうしてお会いすることが出来たのも

何かのご縁だなぁと思いつつ。

まだまだ話し足りないけれどノリコさんと別れたあとは

わらさんのお店BUS STOP STOREへ。



何があるかなワクワク。


ちょっとハリー・ポッターみたいな

とっても優しそうなわらさんのダンナさまにご挨拶したあとは

可愛いものてんこ盛りのお2階へ。



ひゃ~、かわいい~。ソーインググッズもいっぱい。



シックな感じのコーナーには

大好きな感じのアルミのコンテナーやカトラリーが。



しゅんしゅんと湯気を出すポットがかけられたアラジンのストーブ

いいなぁ。


まったりとわらさんとお話しつつ至福のひとときでした。

テレビでグッチさんが紹介しているのを見てから

ず-っと行きたかった仙台の『とお家』さんへ

晩ごはんを食べに連れて行ってもらいました。



誰と出掛けてもまずお酒を飲むことはないのですが

あまりにみんな美味しそうなので

いちごのお酒をいちごのジュースで割ってフローズンストロベリーを

浮かべたものを頼む。

甘くてすごく美味しいけど、

料理の味を邪魔しないのは流石。


まずは寒ぱちのたたきにあぶり牛の握りずし

おじゃこの入ったサラダ、生牡蠣

海老のやわらか揚げオレンジマヨネーズソース。

これがもう絶品なんですゥゥゥ。



いわゆる中華の海老のマヨネーズソースとひと味違う美味しさ。

息子にも食べさせたい。

最後に食べた鯛の焼き飯の胡麻だれっていうのが

これまた韓国の石鍋で

おこげを作って食べるのですが本当に旨かった-。


旨く画像が撮れなかったのと、食べて喋るのに夢中で

撮り忘れてこの味がお伝え出来ないのが悔しい。

初めてお会いしたのに晩ごはんにおつき合い下さったわらさん夫妻

本当に楽しかった!

ごちそうさまでしたー。


とう家  宮城県仙台市青葉区国分町2-10-11

022-712-1438

 



翌日は早起きして新幹線にて盛岡へ。



まずはお目当ての『釜定』へ。

実は布の裁断をする時のウエイトが欲しくて

これっていうのがあったのですが、

そのデザインは今は作っていないとのこと。

でもオブジェのようでウエイトに使えるものに大好きなフクロウを発見。

迷わずに購入することに。




他にも鉄瓶やお鍋欲しいものがいっぱいでしたが

今回は我慢。


それから『ござ九』『白沢せんべい店』などに寄りつつ

『正食普及会』のある上ノ橋方面へ。



こんなに古くて雰囲気のある建物の中に

『正食普及会』はありました。


何と戦後間もない頃からあるそうで、

マクロビティックとして知られる正食を支持する人たちの集いの場としても

長く存在して来たようです。

当初からすると敷地も何十分の一に縮小されてしまったそうですが、

どんなところだったのか見てみたいなぁと

しばし思いを馳せてしまいます。


ここで有名なのはロシアンビスケットという固いクッキーなのですが、

奥には製粉所もあり

岩手は気候が麦の栽培に適していることから農薬や除草剤などを使わずに

豊かな味わいの小麦ができるそうで

その小麦粉などを使ってパン作りもされています。



とっても美人なオーナー。

かわいらしい女のひとってこんな人のことを云うんだろうな。




お昼は米内というお肉やさんのやっている焼肉屋さんの

カルビ定食が安くて美味しいと

教えて頂いていたので行ってみました。


めったにお肉は食べなくなっていたのですが、

すき焼きのように卵につけて食べるユニークな焼肉(盛岡流だそう)を食べました。

柔らかい米沢牛を焼きながら食べるお昼はとっても贅沢で

美味しかったです。


それから周回バスに乗って光原社へ。

もうここでカメラのバッテリーが切れてしまい

画像はないのですが、

静かなパティオのあるお店はやはり素敵でした。


曲げわっぱのお弁当箱などひかれるものは沢山ありましたが、

ここでは横澤パンとくるみクッキー、

そして仕事に欠かせないハサミにとてもスッキリした素敵なものを見つけてしまい

思わず購入。


最後はhinaさんでアルミのカップや鉄瓶模様の布巾などを買い、

締めに冷麺を食べました。


仙台まで戻りわらさんのダンナさまに送って頂いて空港へ。

ずっと行きたいなぁと思っていてやっと実現した東北旅行でした。

ご夫妻には2日間本当にお世話になりっぱなしで、

とても幸せな時間を過ごさせて頂きました。


たくさんのありがとうを込めて*



お土産の包み。

釜定も光原社も包装紙までいい味。



鉄瓶模様の布巾。



ものすごく好みの味だったくるみクッキー。

ロシアンクッキーは噛みごたえあり、噛む程に味わいのある美味しさ。

光原社で買った種子島のハサミ、釜定のフクロウのオブジェ。


帰ってからは美味しいおやつ三昧です。

めったに食べられないので、大切に食べています。

あの冷たい空気を思い出しつつ・・・。


 


site map about myself  my room   column   shop   gallery   journal   link   mail