site map about myself  my room   column   shop   gallery   journal   link   mail


journal  June-December 2005■


December.26th.2005


皆様クリスマスはいかがでしたか。
うちでは親子揃ってクリスマスディナーを食べて、
のんびり過ごしました。

今年は白インゲン豆とレンズ豆のスープ、
スモークサーモンとルッコラ、アボガドのサラダ、
ダンナ特製のマッシュポテトなどどれも美味しく出来て、
Mー1を見ながらなかなか充実していました。

今年はWaitroseのホースラディッシュソースをチキンにつけて食べてみました。
かなり好きな味でジャガ芋にも合います。

デザートはアイスのせのバターミルクパンケーキにブルーベリーソースを作りました。わたしはキャラメルアイスにメープルシロップの組み合わせが一番好みでした。
熱々のパンケーキに冷たいアイスの組み合わせは病み付きになりそうです。

そうそうこの間パンケーキ試作したときのこと。母が小麦粉だという粉でパンケーキを焼いてみたら、妙な味が...。
おかしいと思ったらそれはなんと米粉!なんとも言えず世にも恐ろしい味のパンケーキでした。
気を使ったのか、味音痴なのか息子は3枚も平らげてしまいました。

大掃除も台所など大体水周りなどは済んで、年末からお正月休みにかけ仕事部屋を始めいろんなところにぎっしりのものを減らす課題が残っています。片づけや掃除は結構好きなことのひとつなので、テレビを見ながらとか、音楽聞きつつ楽しみながらやるつもり。


お正月は片付けの合間に読みたいのが『本日の水木サン』。
親子揃って水木ファンの我が家はいつも水木さんに癒されています。
そんな水木さんの新刊のこの本。読む程に笑えて心が弛むいい本です。

冬休みは水木さんの本を他に2冊借りているし、ものすごく久しぶりに片岡義男の『白いプラスティックのフォーク』という食に関することをまとめた本を借りてきました。
10代の頃片っ端から片岡義男の角川文庫を買っていた頃があります。この人の本からアメリカの文化というものを知ったような気がします。
この本では戦後の子供時代のことも書かれていて、また昔読んだ本と味わいが違っていて面白そうです。

お正月は氏神さまにお参りして、
あとはものを整理して頭の中もスッキリさせたら、
ゆっくり来年一年のことを考えてのんびり過ごしたいなぁ。


December.15th.2005

慌ただしい気分の毎日です。
といっても特別に何をするという訳でもないけれど、早めにお風呂などの水周りを大掃除したりしています。
きっとまた年末にも大掃除したくなるしたくなるような気もするのですが。
その他に整理したいものもたくさんあって、とにかく仕事部屋のものを減らすのが課題です。

クリスマスも来週だけど、ケーキも決まっていない。決まっているのはダンナの作るマッシュポテト。
なぜかダンナの作るマッシュポテトは絶品なのです。
今年はケーキはやめようかという案も出ている我が家。
この間カナカナで食べたバナナパンケーキがあまりに美味しかったので、
これを作ってみようかなーとも考えたりしています。
焼いたバナナとアイスクリームがのっていて、外はカリッと中はしっとりで本当に美味しかったのです。
何となくレシピの検討もつくので、これが今年のクリスマスの本命デザートになりそう。地味?


そんなこんなで気分はやたら慌ただしいけれど、なんとかクリスマスものの最後の更新が終わりました。
今回はカナダのクリスマスシールがうちでは初登場で、1957年のものがわたしは一番好みです。
始めて見た時には、うひょ~とのけぞったくらいに可愛いです。
可愛いもの好きなお友達がいたら、ぜひ贈ってあげて下さい。きっと喜ばれます。
わたしなら喜びます(笑)。


本屋に行くとまた沢山暮らし系の雑誌が新創刊されていて、なんだか返って何も買わずに帰ってきてしまうこの頃。

今読みたいなと思っているのがこの本。
チベットに密使として赴いた人々を描く歴史ミステリー。
わたしはこの人の著書の中では冬狐堂シリーズと歴史ミステリーが一番好き。
図書券があるので、買おうか図書館待ちか考え中。

今年は京極堂シリーズの新作が読めるという期待が裏切られて悲しい年でした。どうやらまだ執筆中のようで、よき日に発売予定が発表されるでしょうとご本人が申されておりましたが、早くその日が来ることをほんっとうに待っていますよ。京極さん!

その京極さんの『姑獲鳥の夏』と『だれも知らない』のDVDを借りてきたので、これから仕事しながら観ます。ホクホク。


December.6th.2005


寒くなりましたねー。
初雪が降ったりしたところも多いようですね。
今年はそれでも暖冬なんだと天気予報では言っていますが、どんな冬になるのでしょうか。

わたしは生まれた日に大雪だったらしく結構冬が好きなので、
喜んで雪の中駆け回る犬のようにちょっと嬉しいのです。
まだ毛布も出さずに羽毛布団一枚で寝ています。
フェレットが一匹一緒に寝てくれればこれがなかなか暖かい。

この間まで行楽シーズンだ紅葉だと出かけていたのがうそのように毎日制作に没頭しています。
いろいろと新しいものを作っているので、型紙から起こして試作品を何度も作り直したり
あっという間に一日が終わってしまう感じです。
もうすぐ始まる
Tetteさんのイベントやサイトでもご覧いただけるように毎日頑張っています。
ちょうど急に寒くなったので、あったまってもらえるアイテムはいいタイミングかなと思っています。

12月13日には『懐かしい雑貨を愛する暮らし』(主婦と生活社)という本が出るのですが、
その本の中でビーズワークのポーチがちょこっと紹介されています。
また本屋さんで見かけたらぱらぱらとめくってみて下さい。


画像はTetteさんから頂いた小さめが可愛いカットボードとバターナイフ。
朝ごはんに活躍しそうな嬉しいアイテムです。
この歳になるとプレゼントはあげるばかりの12月、ひと足早めのクリスマスみたいに思えて喜んでしまいました。

ほとんど毎日仕事と家事で終わってしまう毎日ですが、
ここのところは関裕二という歴史作家の本を寝る前に読むのが楽しみです。
内容はほとんど古代史についてのノンフィクションで、ちょっと寝不足になる程面白い。
血縁関係や名前が変わったりと複雑で分かりにくい時代のことがとっても分かりやすく描かれていて、今までごちゃごちゃだった古代史が少しスッキリと頭に入ってき始めました。

November.27th.2005

この秋はよく出掛けた気がします。
冬の制作シーズンを前にしっかり羽を伸ばしてきた感じ。

今年最後の大人の遠足がずっと行きたいと思っていた奈良の大神神社だったので、
これで心置きなく仕事に没頭出来るような気がします。
想像以上に素晴らしかった大神神社。
活き活きとした生命力というのか神様の気配をこんなに感じたことはなかったので、
ほんとうに感動でした。
不思議なことに写真を撮ろうとするとバッテリーが切れてしまって、何度電源を入れ直してもダメでした。

なのにそのあとごはんを食べる時などはいくらでも撮れたのです。
画像などにおさめるものではなく、ここに来て自ら感じるところだと言われているようでした。


■お昼は奈良町まで戻ってタイ料理のランチを。鳥のココナッツミルク煮はとっても優しい味。
前菜も優しい味つけで、でもやっぱりタイらしい味付けもあり美味しかった。
でも少しお腹いっぱいになるには量が控えめだったので何か甘いものでも食べようと奈良町を歩いてから『カナカナ』へ。

メニューを見たらまた食べたくなって、カナカナごはんをみんなで分けて食べることに。
ジューシーな空揚げ、小いもの胡麻和え、なすの揚げびたしみーんな美味しかった!

バナナのパンケーキは焼いたバナナとアイスクリームがのった周りはカリッと中はしっとりふんわりの絶妙な味。今までで一番美味しいパンケーキかも。
また食べに行きたい!

最後の締めは『くるみの木』。
いつもながら落ち着いた雰囲気で、飽きずに使える雑貨がたくさん。
お土産に無添加のケチャップと炒り玄米、バナナの焼き菓子を。
この焼き菓子かなり美味しかったので、また他のさつまいもやかぼちゃのも食べてみたくなりました。

出掛けたり忙しかった日は却って寝つきが悪かったりするのに、この夜はとっても安らかによく眠れました。
あんなに深い眠りは久しぶりなくらい。
大神神社のお陰かな。


November.21th.2005


今年も京都で行われた『ベジ&ピースフェスティバル』に行って来ました。
今回は息子と息子の同級生、そしてそのお母さんと4人で出掛けたので、ちょっとした遠足という感じ。
お目当ては新鮮な有機野菜達。

去年は9月だったので掘り立てのジャガ芋を買えたのですが、今年はしっかり葉っぱのついた人参やネギ、大好きな甘い万願寺、里芋、菊菜などを購入。
今年は寒くなっての開催なので、ちょっとブースの数も少なめな感じ。
でもやっぱりベジフ-ドのブースでは目移りします。
お腹もぺこぺこだったので、ファラフェルや生春巻き、
小豆と柿のケーキなどで腹ごしらえ。

息子の食べていた栗の入った玄米ごはん弁当も美味しかったし、お母さんの食べていたグリーンカレー(玄米)も美味しそうでした~。
試せなかったものもまだあって、ちょっと心残り。
それに会えたらいいねと言っていた知り合いともせっかく会えたのに、ゆっくり話せなくて残念でした。
ステージではいろんなライブなどやっていたのですが、ゆっくり観るにはちょっと寒かったかも。
来年はもうちょっと暖かい季節にお願いしま-す。

■子供達のためにちょっと京都らしいところへ行こうということになりバス停に行ったら、そばに今宮神社


があったので、あぶり餅を食べに寄ってみました。

七五三もあり、にぎわう2軒のあぶり餅屋さん。
いつもどっちに入ろうかと思うのだけど、店先でお餅を焼くおばあちゃんにつられ『かざりや』へ。
子供達もペロッと完食のいつものおいしさ。
焦げたところが白味噌のタレにからまって香ばしいんです。
お茶も美味しく、暖まりました。


こちらのお店は『一和』さん。時代を感じる店構え。
この2軒本当に元祖と本家と名乗っていて、面白いんです。

観光客もそう多くなく、まったりできるので京都に来られる方にお勧めです。

そのあとは金閣寺が近かったので、歩いて移動。
こちらではものすごい観光客でした。
生まれてこのかたずっと関西に住んでいるのに、観光客の多いところにはあんまり行ったことがなく今回初の金閣寺。



人は多かったけど、紅葉がきれいだったので行けてよかった。
やっぱり金閣寺はピッカピカに輝いてました。
お地蔵さんの前で小銭を投げまくる中国人のおばさんが印象的でした。(ビニール袋に大量の1円玉が・・・)

京都らしいところも観たことだし、ぎゅうぎゅう詰めのバスに乗って京都駅へ。
お腹を空かした子供達とモンゴルの塩ラーメンを食べて、また混んだ電車で戻る。

あ~、楽しかった。


November.13th.2005


『地球交響曲第2番』で知られている青森の岩木山の梺で暖かくひとを受け入れることで沢山の人を癒してきた佐藤初女さんのお話を聞きに行ってきました。

始めてお会いした実際の初女さんはとても小柄なおばあちゃんの天使のような人でした。
話す言葉にも仕種にも一切の無駄や飾りのない潔い感じ。
それなのにどんな人もすっぽり受け止めてしまう大きさも感じられて、何も特別なことは話してらっしゃらないのにみんな何かしら受け取って帰ったのではないでしょうか。
初女さん曰く、映画が上映されていろいろ聞かれるかと思ったらみんなあのおにぎりが食べたいといわれるんですよ。あれから10年経ってまだおにぎりなんです。
そのおにぎりで自殺を思いとどまった青年もいるという有名なおにぎり。
この日も握ってみせて下さいました。
とても手早く、なのに優しく丁寧な手さばき。暖かい津軽弁の語り口。いい時間でした。


いつか岩木山の梺の森のイスキアにも行ってみたい。

昔から東北出身の高橋克彦氏の本が好きで、東北の地に親近感を感じていましたが、なんだか東北に縁を感じるこの頃。

食の大切さをいつも訴えておられる初女さん。本当に食って大切です。このjournalも半分は食べ物ネタですね(笑)。今週食べた美味しいものは、大好きなシオサイの生うにと旬野菜のぺぺロンチーノ。
普通この組み合わせあんまり思いつかないですよねー。
シャキシャキした野菜とうにの磯の味がさっぱり。でも決して物足りなくない絶妙さです。


仕事の途中でひとりで食べに行くことの多いこの店。却ってひとりで行くのが居心地がいいところも好きな理由。
また仕事頑張ろうってエネルギーをチャ-ジしてくれる場所のような気がします。

もうひとつこの頃の楽しみは美輪さんと江原さんの『オーラの泉』。この間の森久美子の回は面白かった-。


November.5th.2005


オープンしてからずっと行きたいなと思っていた淀屋橋の『マクロビカフェ』に行ってきました。

おにぎりセットもよかったのですが、デザートまで食べたくてランチのコースに。

前菜はあらめ、ひよこ豆のペースト、野菜のマリネ。
スープはカボチャとはと麦。玄米ごはん。
メインはセイタン餃子と野菜の海苔巻き。
デザートはりんごを巻いたケーキと三年番茶でした。




マクロビオティックの大家、アメリカの久司さん宅でシェフをされていた方のお店ということで期待して行ったのですが、今まで他のマクロのお店で食べていたものより更に薄味でした。

慣れると美味しいのかもしれないのですが、本格的なマクロってこんなものなのかなぁ・・・。
隣の人が食べていたおにぎりセットが美味しそうに見えて仕方なかったので、この日のメニューがたまたま今一つだったのかも。

うちは食事制限しなければ行けない家族もいるので、最近は玄米中心に野菜やお豆、海草なんかを多く食べるようにしています。
ビーガンではないので魚も食べますし、とり肉もたまに食べます。乳製品もチーズはやっぱり好きですし。
味付けはやや薄めという感じですが、関西人なので他の地方の方からするとかなり薄いかも。
でも毎日美味しいなぁと思って食べているので、本格的なマクロビオティックの料理法からすると調味料をけっこう使っているのでしょう。

最近吹き出物がひどかったので、自分で作っている化粧品が合わなくなってきたのかなと思ったら、寒くなってきてからついつい食べてしまっていたお菓子のせいだったようです。
といっても量は大して食べないし、チョコレートなんかも食べていなかったのに。
これはいかんなぁと思ってお菓子はやめて、寒天のゼリーやわらび餅を作って食べるだけにしたらみるみるうちに吹き出物は治まりました。
外でごはんを食べてケーキを食べることもあるので、砂糖とかいうよりも添加物がダメなようです。
コンビニなんかいくと、カラフルで目をひく手軽なものばかりの洪水です。
魅力的で当たり前なので、近寄らないよう心掛けています。

でもそれほど無理して我慢しているという感じではありません。
上手く自分のからだと相談しつつ、食べることを楽しんでいきたいなぁと思うこの頃。

また図書館でいろいろ借りてきました。
夢枕獏『平安講釈・安倍清明伝』
恩田陸『蒲公英草紙』
美輪明宏『霊ナァンテコワクナイヨー』
佐藤さとる『誰も知らない小さな話』など。
もうちょっと早寝しないとと思うのですが秋の夜長、本を読むのはやめられない。

October.28th.2005


息子の学校でのヨガ教室が終わってホッと一息。
近所のA-styleのM.A.Cafeにてランチ。

以前はワンプレートランチみたいな感じでしたが、
今はリゾットのセットでサラダ、ス-プ、デザートに飲み物付きというスタイルに変わっていました。
この日はひよこ豆のリゾットで意外にお腹いっぱいに。
頑張ってヨガしてもそのあとのランチでいつも御破算になってしまって、せっかくの効果がないような...。

あー、でも近所にマクロビオティックのレストランが出来ないかなぁとつい贅沢な希望を抱いてしまいます。

岡尾さんの新刊が出たので見たいなと思っていたので


すが、うちの近所の本屋にはありませんでした。
これからは大好きな著者の本でも必ず内容を確認して厳しく吟味しようと心に決めているので、また本屋で見つけたらよく考えて買うことにしよう。

今は図書館でもうすぐ返さなければいけない本をヒマを見つけては読破していっています。
例えばアップロードする数分間も大切な読書タイム。
ゆったりした気分で本を読んだり、ゆっくり湯舟に浸かったりなんてしばらくしていないなぁ。

『ベニスの商人』や『ブラザーズ・グリム』など観たい映画もいろいろあるのだけど、水曜のレディースディはいつもヨガなので一走り行って観て来るというのもなかなか出来ずにいます。
またDVDになる日を待つのかなぁ。
スローライフは遠のくばかり。

October.22nd .2005


秋というより冬型の気圧配置になって、北側の部屋で仕事をしていると寒くなってきました。

アイスのコースターにもニットを使ってみました。
早く食べてみたいなと思っていた乳成分不使用のアイス『
アイベジイ』。近所のコンビニで発見!
まず黒胡麻を食べてみました。
もっとあっさりかなと思っていたのですが、乳成分が入っていないのにかなりコクがありました。
また他のフル-ティな味も試してみたいと思います。
あずきとかきな粉とかもっと和風の味も欲しいところ。

この間の月食の日、布団に入っている時にふっと思い出してベランダで月を見ました。
雲の間から覗く月のいつもとは違うパワーを感じてから、何だか毎晩夜空を眺めるようになりました。
息子もプラネタリウムなど大好きなので、夜になると今晩も見ようと言うようになりました。
どの星がどの星座なども分らないのですが、目が慣れて来ると見えなかった星が見えてきて星雲のようなものさえ見えるようになります。昨日は流れ星も目撃。
都会でもこんなに星がみえるのだなぁとこの歳で再認識。
今度の日曜には息子の入っている古民家のクラブで星の観察があるので、少しは星座が分るようになったらもっと面白くなりそう。

先週読んでいた『地に火を放つ者』から続いてユダヤシリーズのように『クムラン』エリオット・アベカシスを読み始めました。
2段組の分厚い本は京極で慣れているとはいえ、この本最初の辺りは全然改行しないんです。
そのせいで読み難いこと甚だしい。ただでさえ活字が見え難いのに、目がチカチカしてきそうです。
死海文書にまつわるミステリーのこの本。ストーリーが面白くなるのはこれから。

October.16th.2005

長年見そこねていたドキュメンタリー映画『ホピの予言』を観に行ってきました。
息子と一緒だったのですが、意外に映画よりそのあとのお話の方が本人は面白かったそう。
この映画の監督宮田雪氏は2作目を準備中ロスで病に倒れられたことは聞いていましたが、
映画の背景でどんなことが起こっていたのか氏のパートナーである辰巳玲子さんから伺うことが出来、映画以上にわたし自身も感銘を受けることが沢山ありました。
息子との約束で5時には帰ることになっていて最後までいられなかったのですが、
ぜひまた玲子さんのお話を聞く機会に恵まれるようにと願いながら帰途につきました。

雨の中久しぶりにバスに乗り同じ市内なのになかなか行くことのない地域まで映画のために出掛けましたが、姑く行かない内にすごく変わっていて、違う町に行ったよう。
ちょっと気になるパン屋さんや雑貨屋さんがちらほら。
機会があったらゆっくり散策したくなりました。


このところ毎晩寝る前には『地に火を放つ者』というキリストの一生を描いた本を読んでいます。
当事者(?)が誰もいない今となってはどんな記録も真偽は分らないもの。
フィクションとして楽しもうと思って読んでいます。
この本の中のイエスというのは一般的に多くの人が抱いている聖人というイメージではなく、かなりワイルドで自分の持つ力や運命を持て余している感じさえある。

他に『龍の黙示録』など読んだことのない作家さんの本を借りています。
なのでこの頃は早めにテレビも消し、本を読む読書の秋です。


October.8th.2005


朝起きて今までは冷たい野菜ジュースを飲んでいたのが、
あったかいハーブティーを淹れたくなるようになりました。
フェレットたちもバラバラに涼しい場所を選んで眠っていたのが、集まって重なるように眠っています。
秋ですねぇ。数日前までには真夏日もあったというのに。

ここのところ首の凝りが取れなくて辛かったので、
近所の知り合いがやっているゲルマとリンパマッサージを受けに行ってきました。
現役看護士でもある彼女は自分の惚れ込んだ技術を身につけたいと勉強して自宅でサロンを開いているのです。
ゲルマ温浴に入って20分。だらだらと汗が出る出る。
普段あんまり汗をかかないので、わ~毒素が出てる~って感じ。
それだけで体脂肪が3%減ってました。嬉しい。
着替えて横になり凝り固まった首をほぐしてもらう。かなり固ーくなっていたらしいけれど、
帰る頃には首を曲げても痛みがなくなっていました。
彼女の頑張っている姿に、わたしも頑張らなくちゃと思うのでした。

11月には旅行にも行くし、無駄遣いしないようにしないとと思いつつ、ちまちまと欲しい物が出てきます。画像のポスターもそのひとつ。
その前に衣替えの季節でもあるし、要らないものをまず処分しよう。
部屋の中はその人の心の中を表わすと思うと、ちょっとみっしり物が詰まり過ぎって感じだ。
もう少し風通しのよく、気持いい秋風が通るようにしたい。
2日くらいしっかり休みをとって本格的に衣替えと不要品の処分やってみよう。

September.30th. 2005


久しぶりにmartha店主と会いランチに出かける。

大好きなベジタリアンフレンチの『
Le Paysan』でのランチは、前菜の野菜づくしのオードブルがとっても美味しかった。
テリーヌも里芋で出来ていて、周りの赤いところは人参です。ソースはワサビ醤油で和風ですが、さっぱりしていてとっても好みの味。
シュ-の中にはパプリカのムースが入っていました。
このオードブルだけ何皿も食べたかった。

この日のスープは秋らしくさつまいものポタージュ。デザートはホワイトチョコのケーキでした。


メインはジャガ芋のガレットと豆腐カツでしたが、付け合わせの野菜は中華炒めみたいだったのが残念。
もう少しメインにバリエーションがあったらいいのになぁ。

■息子の大好きな友達がお父さんの転勤で東北へ引っ越してしまいました。
転校までの短い間、ザリガニ釣りに行ったリ毎日本当に楽しそうに遊んでいました。
また戻ってきたら一緒に中学に行こうと約束している姿はとっても微笑ましかった。
転校した次の日、もういなくなったことを忘れていて「今日は休みかな?」と思ったんだと話していました。やはり淋しいのでしょう。
3年と短い間でしたが、気持の分りあえる友達が持てたというのは幸せなことだったと思うのでした。

■久しぶりにビーズワークのポーチを作らねばならず針を持つ。
ミシンを踏む時と体勢も違い、いつもと違う筋肉を使うせいですごい肩凝りになっています。
でも鹿革の柔らかさや暖かな感じが少し涼しくなると気持いい。
秋冬はディアスキンとビーズワークのアクセサリーなんかも作ろうと思います。


September.23th. 2005


9月最初の連休初日はjournalに書いていたように
息子と『チャ-リーとチョコレート工場』を観にいきました。
期待以上に面白くて可愛くて、何度も観たくなる映画です。
きっと甘いものが食べたくなるはずと、あずきとクリームやマスカルポーネクリ-ムがサンドされたお菓子をデパ地下で買っていきました。

次の日は六甲での北山耕平さんのワークショップに。
今回で2回目なので、オプションのトーキングサークルだけの
参加にしました。
前回も参加していたメンバーと嬉しい再会の方が
気分的にメインだったかも。
お昼にケータリングされたのは岡本のオーガニックカフェ
MOMONGA の可愛い玄米弁当で、さつまいもの入ったごはんと玄米、車麩のフライにお野菜のお惣菜の入った体もすっきり、美味しい内容でした。デザートについていた砂糖・卵不使用のコーンミールのクッキーが甘くなくてパンみたいなのにまた食べたくなる味でした。

そして会場でまだ買っていなかった北山さんの『ジャンピング・マウス』を買って、サインを頂く。

今週は買いものに出かけることも多くて、なかなか涼しくならなくて長袖さえ着るのもままならないのに、ロンTやカットソ-素材のテーラードジャケット、ジーンズ、デニムスカートなど秋に向けて準備万端。
そしておしゃれは足元からとブーツに欲しかったバレエシューズも買っちゃいました。
服にほとんどお金をかけていなかった最近からすれば、すごいお買い物の量です。


レペットのバレエシューズはごくベーシックなタイプ。
だけどちゃんと4cmのヒールがついているので、いろんなスタイルに合わせやすい。
どこのバレエシュ-ズもあまり変わりないように見えるけれど、
やはり履いてみると違うものです。

ブーツの方はこれにしようと決めていたものを買いに行ったら、お隣で試着しているブーツがすごくかっこよくて、革も色もとっても好み!
お店の人に聞いたらそれが最後の一足で、他のお店にも残っていないらしくがっくりしていたら、同じ素材でこんなものもと紹介された方がベルト使いでシンプルなもっとわたし好みのもので迷わず即決でした。
かなりこれから活躍してくれそうな2足です。

ここのところよく書いていた化粧水も先日から作って使い始めています。
すぐかゆみが出たり赤くなるので、アトピーの人にもいいシソエキス入りの保湿効果の高いものを作ってみました。ヒアルロン酸もビタミンC誘導体もたっぷり入れてます。

そしてもうひとつハイドロキノンの美白ジェルも。
シミ治療に皮膚科でよく処方されるハイドロキノンは自然界にも沢山存在する成分で、メラニンの働きを抑制する効果がとても高いもの。よく美白のアイテムに入っているアルブチンもハイドロキノンの一種なのですよ。
厚生労働省の認可が下りてからは、市販の化粧品にも配合されるようになりましたが
まだまだ結構な価格です。
わたしは原末を購入したので、好きな濃度に仕上げることが出来ます。
こちらにも保湿成分をしっかり入れてジェルにしたのですが、
使い始めてすぐにあれ?ってくらいに肌の感じが変わって来ました。
まず化粧乗りもいいし、フォトフェイシャルで濃くなっていたシミもこめかみのところから消えかけているのにビックリ。気のせいかな、でもそうじゃないと何度も鏡を見たりして。
こんなに短期間で効果出るのかなー。何はともあれ肌に合っているようで一安心です。

でもこのハイドロキノンはメラニンの働きを抑えてしまうので紫外線対策は不可欠だし、
かぶれる人もけっこういるらしい。
もし使ってみようと思われる方はしっかりパッチテストして下さいね。

September.16th. 2005


今週末も来週と連休が続きますね。
みなさん気持いい季節だしどこかにお出かけされる方も多いと思います。
わたしはワークショップに行ったり、
息子と映画に出掛けたり。
友達と久しぶりにランチして服や靴を見に行くのも楽しみ。

映画は個人的には『メゾン・ド・ヒミコ』が観たいけれど、息子と一緒なので『チャ-リーとチョコレート工場』を観に行く予定。
彼はリメイク前の映画も観ているのですが、『パイレーツ・オブ・カリビアン』のジョニ-・デップがワンカさんだと知ってとっても楽しみにしています。
『シザーハンズ』などティム・バ-トンの映画が大好きな映画おたく君です。
しかしティム・バートン映画のジョニー・デップっていつも顔白過ぎ・・・。

お買い物ではレペットのバレエシューズを見に行くつもりにしているのですが、
ネットでこれ!というのを見つけてあるので、お店にはサイズを確認に行くという感じ。
ブーツも気になるものがあって、それとひざ丈のウールのパンツという組み合わせをしようとか、
こうして頭の中に思い描く時が一番楽しいのかも。


北森鴻の新刊『写楽・考』を図書館で借りて読みました。
この異端の民俗学者、蓮丈那智フィールドファイルシリーズがテレビドラマ化されるそうで、放送は今日の夜。木村多江さんが演じられるそうなのですが、楚々とした木村さんはわたし的には蓮丈那智のイメージと違うのでどんなもんかいなと。
短編小説はあんまり好きでないので、このシリーズ長篇にして欲しいというのが個人的希望。それからテレビ化するなら冬狐堂シリーズをぜひ!

それより京極堂シリーズの発売日が発表されたのに、また未定になってがっかり。(なんか堂ばっかり)
講談社ともあろう出版社がフライングするなんて。
一体いつまで伸びるんだろう。何年も待たされて首がものすごーく長くなりそう。(実際わたし首は長いんですが)

読む本がないので今まで手を出さなかった恩田陸の『常野物語』シリーズでも読もうとしています。すごい人気の恩田陸ですが、主人公の年齢が若過ぎたりして今までどうしても読む気がしなかったんです。
学園ものっぽいのはもう読めない。今日も本屋で手にとったのは江川達也の『日露戦争物語』。
完全に中身はおじいさん。

September.9th. 2005


自分の撮った画像で切手を作って遊んでいます。
シールをいっぱい作ったので、商品をお届けする時など
封をする時に貼ったりしたいと思っています。
届いた方は「これか~」と思ってやって下さい。

こういうのがあったらいいなというのが簡単に作れてしまうので、
面白くて仕方ない。
クリスマスバージョンやらこれからもいろいろ作るのが楽しみです。

■この頃息子と美味しいものを二人で食べに行くのが楽しくなってきました。
以前からも時々行っていましたが、最近は食べる量も多くなったしいい相棒です。
この間は神戸に中華を食べに。
福健あんかけ炒飯やら、胡麻付き海老春巻きなどプリプリの海老やいかがたっぷりの
絶品中華を堪能。

そして一緒に『脳を鍛える大人のDSトレーニング』をやって楽しんでます。
最初は脳年齢が60代とか70代で笑えますが、
段々若返るのが嬉しい。
内容は計算問題や音読などためになることばっかりなので、
「またゲームばっかりやって!」などと言うこともなく、内心しめしめという気分(笑)。

先日も書きましたが、最近また自分で化粧水など作ろうと思っていろいろ調べています。
以前から古くはどくだみローション、最近では豆乳ローションなど作っていましたが
ついついサッパリに仕上げてしまっていたので、ちょっと保湿力などが物足りなかった。
それに成分を抽出する作業がけっこうめんどくさくて。

最近はヒアルロン酸でもプラセンタでも簡単に手に入るし、増粘材を入れてジェルにしたりと思いのまま。今までは完成品を買うしかなかった本格的なものが手頃に自分で作れるようになりました。
えっこんな成分も手に入るの?って思うものもあるんですねー。調べる程に発見の連続です。
もう単なる手作り化粧品の域を越えてる感じがします。
防腐剤を入れない場合は冷蔵したり早く使い切らないといけませんが、
市販のものにはないこの成分でこのアイテムが欲しいといったカスタムメイドが出来るのがなにより。
これは!というものが出来たら、またこちらでご紹介しますね。


September.1st 2005


たった一晩で気分もガラッと変わる今日から9月です。

息子も学校に行き始め、いろいろなことが、たとえばテレビの番組なんかも日常に戻ったような感じ。
カレンダーも一枚めくるとすっかり秋の装いでした。
しばらくは暑くても、この感じがしっくりする日が間近だなぁと思います。

また長袖の服と入れ替えしなくちゃ。
重ね着とか考えるのも楽しい。
ブラウンのフラワーモチーフの生地でワンピースなんかも作ろう。

大好きなこの季節になると身の回りも俄に動き出す。
ワークショップでちょっと懐かしい顔を見られることや、
何年も待たされた大好きな京極夏彦の新刊が出ること。
先日アメリカから届いたフラワーエッセンスを試してみることなどなど。

夏の間は目一杯制作に励むことが出来ましたので、
仙台のBUS STOP STOREさんや福岡のTetteさんの方にはひと足早く秋らしい柄を届けられました。
深みのあるブルーのフラワーモチーフがシックなドイツの生地のポーチや、ブラウン系のオランダの生地のブックカバーなど。
お近くに行かれましたらぜひお立ち寄り下さいね。

身の回りのものをちょっと新しくするだけでも、気分が変わります。



大好きな曼陀羅石鹸房さんの限定だった
いちごの種の入ったThink Pink!という
石鹸を下ろしました。

マーブル模様のピンクが幸せな気分にしてくれます。
これを使い終わったら、利休というお茶の石鹸もスタンバイ。ちょっとした贅沢です。

この秋には自分でまた化粧水なども作りたいなと思っています。今は素材などもネットで簡単に手に入るのですごく便利。
特に化粧水はたっぷり使いたいので、手作りするとかなり経済的です。今作りたいなと思っているのはシソエキス入りの化粧水。シミや吹き出物にも効果があるそう。

August.18th.2005


息子はモスバーガーのナンタコスが大好き。
わたしも大好きだけど、やっぱりあんまり肉は食べたくない。
ので、いつもは空揚げの代用にしたりする大豆で出来た
お肉の代用品を使ってタコスパイスを使いタコミートを作ってみる。

焼いたナンの上にこれをのせて、千切りレタス、アボガド、トマト、おろしたチェダーチーズをのせ、マヨネーズを少し網目状にかけて出来上がり。あっ、砕いたタコチップも忘れずに。
これで味を再現出来たかなーと息子に訪ねたら、「おいしい。同じ味!」とのこと。
ジャンクフードを食べると素直に体の調子に反影するようになってきた今日この頃、
これなら一応合格点かな。

全国でお世話になっているお店への納品がなかなか充分に出来なくて
お店に来た知り合いからもわたしの作ったものが少なーいとの指摘があったらしく、
頑張らないと~とこの夏は制作に力を入れました。
先日もサイトでは出していないハギレセット始め、巾着など沢山納品しましたが、
秋に向けてがま口なども沢山作っています。
実際に手にとって選んで頂ける機会を少しでも増やしていきたいなと思っています。

不思議なものでお盆を過ぎてまだ暑くても、
この時期になると秋らしい生地や組み合わせを意識し始めます。
ドイツのまるで矢絣のようなシックで優しい色合いのデッドストックの生地はたっぷり買って来たので、ワンピースやバッグに。大好きな生地だから小物も作りたい。
ブラウン系のフラワーモチーフもアウターにしようかなどなど、頭の中でとっかえひっかえブーツを組み合せてみたり楽しんでいます。


この夏は少し体調も悪くて出無精に磨きがかかってしまった感じでした。
秋になると今からあれやこれやと行きたい所やイベントがありますので、
それまでに体調を整えたいなと今の状況に合うホメオパシーのレメディーやフラワーエッセンスを選ぶためいろいろ本を読んで勉強したりしています。
その中で精神面で当てはまるものが、
今の体の不調ともぴったりと符合したり
することもあって、
面白さを実感しています。


August.12th.2005


お盆休みに入ってテレビで道路情報なども出るようになりました。みなさん渋滞に巻き込まれたりしないで、スムーズに帰省出来るといいですね。

うちは法事などもこちらであるので、帰省などもなし。
のんびり過ごせたらいいなと思っています。

また『24/セカンドシ-ズン』を全巻借りてきました。またまた誰が裏切り者か、今回も展開が早ーい。よくこれだけいろいろ問題が次から次へと起こせるもんだわと思いつつ、やっぱりどんどん観てしまいます。
仕事しながらなので、チラ見(笑)なんです。
だから一瞬で訳が分らなくなったりしつつ。

画像の本はファンケルからサプリメントと一緒に送ってくるビタミンやミネラルの小冊子。
なかなかにビジュアルもよくて、保存用として本棚へ。

この間の日曜には神戸で行われたスピコンに行ってきました。
ホメオパシーの講演を聞くのが今回の目的。

田中真紀子似の由井寅子さんの話は今回も面白く、写真を交えつつの説明は分り易かった。
最近繰り返す外耳炎を薬を使わずに治したくて、
無料相談会でレメディ-と患部に塗るクリームを買いました。
うちひとつは水銀のレメディ-で「え~、水銀!」と思ってしまいますが、レメディーにはその物質の分子も含まれない程希釈されているので全く害はなく、その人の治癒力を揺り動かしてくれます。
なので最初は治ろうとする力が働きはじめると症状を出し切るため、ひとによって熱が出たり湿疹がなどの症状がも出たりするそう。精神面が大きく影響していると、涙もろくなったりと感情を解放していったりもするようです。
それを乗り越えると、治りきってしまうらしい。
体験談や質疑応答の内容を聞いていると本当に興味深い。

わたしの場合は大袈裟な病気でもないので、そんなことはないと思いますが、
焦らずゆっくり再発しないよう治していこうと思っています。

ひょんなことから寅子さんに大福を頂いてしまったり、直接ちょっと相談も出来たりもしました。
秋にはもう少し内容に踏み込んだ講演が大阪であるので、行ってみたい。

スピコンの会場に入る前に摂津本山の『Hearty Soup』にて
サンドウィッチとスープのランチを食べていきました。


ビッグマックよりすごいボリュームのアボガドと野菜のサンドは見た目よりずっと食べやすく、有機野菜が本当に美味しいんです。
何よりもこの五穀パンがひまわりやカボチャの種が入っていて香ばしく美味しい!

あんまり美味しいので、五穀パンを買って帰ってうちでアボガドと野菜のサンドを作ってしまいました。
うちで食べても美味しかった-。
しばらくうちではサンドウィッチブームが続きそう。

August.2nd.2005


夏休みの学校のプール前半が終わったので、
時間を持て余し気味な息子を仕事の買いものに付き合わせる。

用が済んだ後は親子共に大好きなパスタ屋さんへ。
知る人ぞ知る元は本屋だったというこのお店、今もちゃんと児童書中心にしっかり本もあるし、半分は気軽なカフェでサンドイッチがすごく美味しくてお手頃なんです。(ピンと来た方いらっしゃるかな)

創作パスタなんですが、そのアレンジの仕方が独特でメニューからはちょっと味が想像出来なかったりするのです。いつもいい具合に期待を裏切ってくれます。
出てきて初めて「そう来るか!」と唸ってしまう。
この日は息子は4種のチーズのカルボナーラを頼んだのですが、
出てきたのはトローリとしたチーズソースが絡まったパスタの上に温玉がのっている一品。



「おいしーい!」とこのように一生懸命食べておりました。

わたしは夏になると食べたくなるミス・ハノイというパスタを注文。
冷たいパスタにスモークしたっぽいチキンとたっぷりの野菜、ナッツがのっています。そこにスィートチリソースをかけて頂きます。
けっこう辛いけど、癖になる美味しさです。
お昼にはブルスケッタと飲み物がついてきます。
このブルスケッタがまたかなりいけるんです。
あ-、また食べたくなってきた。

夏もやっぱり読書でしょ!
ということで息子も夏休みの宿題の読書感想文には分厚いハリー・ポッター最新刊を選んでくれたことだし、わたしも夜は早めにベッドに入り、本を読む時間をたっぷり取りたいものです。

図書館で買おうか迷っていた本が借りられたので、また数日は楽しく過ごせそう。



『好きな理由/高橋みどり』
『妖怪大談義/京極夏彦』
『マクロビオティックが幸福をつくる/久司道夫』

食べて本読んでばかりじゃ、夏が終わる頃にはえらいことになってしまうので、ヨガのDVDを買い、うちでもやることにしました。

早速一通り全部やってみたら、その日のうちに筋肉痛が・・・。
かなり効いてるみたい。
この夏は親子でヨガもがんばります。












July.28th.2005


本屋に行くと新刊が目白押しです。
伊藤まさこさんの新刊も同時に2冊も。
とってもスィートな『ベビーブック』と、『ちくちく針しごと』。

どちらも魅力的でしたが、本棚から溢れ出る本を考えて引き続き慎重に。

他にはミナ・ペルフォネンの本が3冊も出ましたね。
頑張って本棚の整理をしている最中なので、
それが終わるまで立ち読み主義でいきます。

しかしベビーブックはもう用がないのですけれど(笑)。



最近は可愛い子供服(女の子のばっかしですが)の本や、こういうベビーの本が出ていて、今小さいお子さんのいるお母さまがうらやましいです。
わたしもめいっぱい可愛いものを作ってあげたかったな。
しかし次から次に破れるジーンズなど見ていると、もうやる気全くなしになってしまいます。

昨日から24を観ながら仕事しています。
今さらなんですが、籠りっきりで仕事をするので長く楽しめるものをというとこれがぴったりです。
ビデオ屋さんのレディースディを利用して、12本一気に借りました。
もう4thシーズンも観られるので、この夏は24三昧になりそう。

今キャンペーン中のOCNシアターなら4thシーズンが見放題なので、そっちで観たらお得かなと考え中。

しかしこれでキーファー・サザーランドもしっかり息を吹き返した感じですね。
カロリーメイトのCMで見られるくらいですから。
『ヤング・ガン』の頃は大好きで、婚約していたジュリア・ロバーツも趣味が悪くないわなどと思ったものですが、その後のジュリア・ロバ-ツの殿方の趣味は時々不思議。今はもう双児のママですが。

それより大統領候補の役の人は太ったデンゼル・ワシントンに見えて仕方ない。
思わず目を擦ります。

July.14th.2005


只今ゴーヤの花盛り。
繊細な黄色い花がいっぱい咲いています。
実は小指の先程のちいさーいのがなってます。
早く自家製のゴーヤでサラダでも作りたい。

来週からは学校も夏休みになり、
毎日暑苦しくなりそう・・・。

海に行くとベタベタするのが嫌なので、
今年は涼しく川のあるところに行きたい。
ついでにホタルなんか見れたら最高。




この間仕入れの時にお昼を食べたお店のランチ。
オードブルがいろいろ盛り沢山でした。
サーモンのクレープ巻とか、フォアグラ入りのサラダ、カポナータなど。
こういう風にちょこちょこっといろいろ食べられるのは嬉しいです。

このお店の前には大好きなパスタのお店もあるので、これからどちらで食べるか迷いそう。

夏やせせず、太るタイプなので食べ過ぎには注意しないとせっかくのヨガの意味がなくなってしまいます。
そうそう1月に始めたヨガも半年過ぎ、3日坊主にならず続いています。
体脂肪も8%減りました。気を抜いたら一瞬で戻りそうですが。

先日DVDで1ヶ月マックのみで過ごすとどうなるかという『スーパーサイズ・ミー』を観たので、ジャンクフードの恐さをまた再認識。ナゲットはもう一生食べられないかも(笑)。


今回UPしたバッグと同じ生地でワンピースを作りました。
高めの位置で切り替えた部分にはリネンのテープを使って、リボンを通してあるので絞ってちょっと雰囲気を変えることも出来ます。

ひざ丈で一枚でも、ジーンズを下に履いてもいいので、いろいろな感じに着られそうです。

軽くて涼しいので、夏には活躍しそうな一枚。

またオフホワイトのリネンや、違う柄で作ってみる予定。

フォトセラビーのその後。

メールで体験談をお聞かせ頂いたりして、大変勉強になっています。
ちゃんと日焼け止めをして、曇りの日も日傘で完全防備しても、かなりシミがひどくなってきました。
治療前よりひどいかも。比較的新しいシミは消えたものもあるのですが。以前からあるものが濃くなってます。
この時期ハイドロキノン軟膏という美白の薬をつけないといけないのですが、湿疹のような吹き出物がでるのでつけられず。明日病院で治療後の診察を受けるので、また続けるか、ルビーレーザーで消すかを決めるつもり。肌全体の若返りにはかなり効果があるのに、こんなに色素が濃くなるのでは・・・。
でも一回しか施術を受けていないので、数回繰り返せば違うのかも。と心中はいろいろな思いが交錯します。


July.5th.2005


7月に入ってから、梅雨らしい天気が戻ってきました。しっとり落ち着いた感じ。

ここのところは相変わらず隠遁生活のように、
制作などに集中して、空き時間は(あんまりないのですが)本を読んでいます。

まだまだ読み切れてない本が作業テーブルに積み上げてありますが、その中の2冊。
大好きなベルリンのことがぎゅっとつまった『ドイチュラント』と、『マクロビオティックのお買いもの』。
『マクロ・・』を読んでいると、あれこれ食べたくなって困ります。クスクスの簡単デザート作ってみたい。


昨日から読み始めたとても分かりやすくて面白い本『癒しのホメオパシー』。
ホメオパシーに興味はあるけど、よく分らないという方には最初の本としていいのではないでしょうか。
奥の深いホメオパシー、
わたしも少しづつゆっくり学びたいと思っています。

一日中本をゆっくり読む時間が欲しい。
あれやこれやとやらなきゃいけないことが涌いてくるので、なかなか集中出来ない。
老後は毎日心ゆくまで本を読みたい。



■先月の先先行上映で『スターウォーズ・エピソード』を観てきました。
我が家は親子2代でスターウォーズおたくなので、これで最後と思うと淋しくて仕方ない。
なのでビデオもあったのですが、ダンナが~のDVDセットトリロジーを買ってきて、
繰り返し仕事しながら観ています。
そうそう、デジタル対応の映画館が増えたら3Dで~までを映画館でやるらしい。息子も今から観に行く気満々です


June.29nd..2005


一年に一度のお楽しみというか、
これで1年が過ぎたのを感じていた
『つれづれノート14』がまた出ましたね。

最初の本の著者と14冊目をくらべると
時の流れをしみじみ感じてしまいます。

毎年の楽しみもこの本で最後とのことで、
淋しい気持と、そうか、そうだよなという気持半々で読み終えました。
オブラートに包んでいるようで、これだけ長い間日々の暮らしを見も知らない私たちにあからさまに語ってくれたのはある意味すごい。

■予想以上に多くの方から反響のあったI2PL(フォトフェイシャル)。
その後3週間経ち、シミの部分がまたかなり目立ってきました。
肌全体の調子はやはり以前よりいいまま。ソバカスや部分によってのシミは消えてしまっているものもあり。
本来は3週間くらいおきに数回受けるものらしいので、
12月まで待っていたのではせっかくの効果がないと他にもいいところはないか探してみました。
そうしたら平日限定で安いところを見つけたので、そちらにも通おうか考え中。
しかし今のところ、またシミが復活したとはいえやはり効果は高いなぁという感想。

それにせっかくの状態を保ちたいと思って毎日続けているコットンでのローションパックが
いいような気がします。
4枚に薄く剥がせるコットンを使って、イプサのメタボライザ-を含ませた上に天然水のスプレイをかけて顔全体に5分程貼っておきます。
そのあとローズヒップオイルなど結構高価な成分がたっぷり入っているのに安いジェルを薄く伸ばしておくのが毎日のコース。このジェル知り合いから勧めてもらったのですが、本当にこれ1本でスキンケアはお終いというもので、値段の割に保湿効果も刺激の少なさも使っている成分も◎。
わたし的にはかなりめっけもんだと思っています。
2千円台で、わたしなら3ヶ月は軽く持ちそう(ほんとは多分もっと)。
お手頃でないですか?ここのクレンジングジェルもけっこういいです。
でもいいなぁと思っている本当の理由は、油分の入った化粧品は今まで絶対に吹き出物が出たり痒くなったりしたのに、これが初めてかぶれずに使えたからです。
おそらく使っている油分が良質なもので、水分とのバランスがいいからではないかと思います。
指定成分も最低限のパラベン以外は入っていません。すぐ使い切らねばならない不安定な化粧品よりは、食品にも使われる成分だし安定して使える方がいいと今は思っています。

また7月中には新しい病院で診察も受けて、これからの治療について決めていこうと思っています。
レポートは続けていきますので、興味ある方お楽しみに。


最近好きなおやつ。
例のナチュラルロ-ソンで買っているベジチップス。
カボチャ、タマネギ、じゃがいもの薄切りをカラッとフライにしたもの。味付けも塩とアミノ酸くらい。
カロリーも1袋214calと控えめ。

それでも毎日は食べちゃいかんと思っていますが、
当分はこれと四国のあいすくりん(カップに入った懐かしいアイス)がお楽しみ。
そうそう徳島の柚子アイスもなかなかさっぱりして美味しかったです。
ああ、太らないよう、気をつけよう。


June.22nd..2005


友人宅にやってきたパピヨンの塁くんです。

ただいま2ヶ月。
ちっちゃくて可愛いうちにと見せてもらいに行きました。
人見知りもなく来るひとみんなに愛想よく対応する立派なホスト振り。

みんなを楽しませた後は、ぐったり。
ぐっすりと眠ってしまいました。

可愛い天使でした。




←笑ってるみたいですね。



■最近車ですぐのところに『
ナチュラル・ローソン』が出来ました。
東京には沢山あるようですが、大阪では第一号店のよう。

焼き立てのメロンパンなど、パンが売りのようでしたが、品揃えがナチュラルの名の通り無添加のスナック類やひとり分のお野菜などが豊富。
インスタント麺も珍しいものがいっぱいで、眺めているだけでも楽しい。
いつもなら食べたいけど、原材料見てるうちに「やめとこう・・・」って思っちゃうスナックも、野菜チップスやドライフルーツなんかがいろいろあるので、ついつい買ってしまいました。

トイレタリ-用品も石鹸シャンプーなどが揃っていて、かなり頑張っています。
MARKS & WEBもあるのが嬉しいところ。

トイレもバリアフリーになっていて、こういうお店が単なる実験に終わらないよう祈っています。

今週読んだ本、読んでいる本。

『水は答えを知っている2』江本勝
『インディアンは決して嘘をつかない』ハービー・アーデン
『スピリット島の少女』ルイーズ・アードリック

『水は・・・』は様々な言葉や音楽を聞かせた水の結晶写真で有名な本の続編です。
前作よりも更に具体性のある内容で、読んでいると心の持ち様も変わってくる感じ。


June.14th..2005


今年になってちょっと遠い病院までケミカルピーリングに通ったりしていました。
I2PLというレーザー治療を受ける準備だったのですが、先日やっとその予約の日が来て受けてきました。
I2PLというのはメラニン色素に反応する光を照射する治療法で、ソバカスなどにその光を当てると反応して黒くなり、それがかさぶたになってはがれると色素が薄くなるというもので、ついでに肌に張りも出るという様々な肌の悩み対応するというフォトフェイシャルの改良版。

治療後には見事にシミやソバカスがかさぶた色に変わり、まるで舞台メイクでソバカスを描いたみたいになっています。もしくは転んで両頬を思いっきり擦りむいたような面白過ぎる状態に。
1週間程でかさぶたが取れてきますよとのことでしたが、本当にきれいになっているのか不安になるような感じでした、かえって色素が濃くなっていたら・・・とか鏡を見る旅に思ったのですが、大きなかさぶたが最初にひとつとれると、その下にはあったはずのシミが消えていました。

レーザーではシミは消えてもソバカスは返って濃くなるとか聞くのですが、これはどちらも薄くなるということでした。ほとんどのかさぶたが取れてみたら本当だ~ってちょっとした感動でした。

何年も美白エッセンスなどを使っても一向に薄くならなかったシミがこんなにあっさりと消えるなんて、今までの化粧品代はなんなの~って思いましたが、とにかく科学の進歩に感謝でした。
ソバカスはこどものころからあったので、鏡の中のほとんどソバカスとシミのない顔を見るのは新鮮です。
素顔なのになんかファンデーションをつけてるみたいな気がして不思議。

I2PLという治療法はシミを消すレーザーとはまた違うので、時間が経つとまた色素が出てくることもあるので数回受けるといいらしい。わたしは次回12月に予約をしたのですが、ここの病院は良心的な治療費なのですごい人気で半年待ちになってしまっています。

普段使う化粧品や食べるものには出来るだけケミカルなものは避けていますが、
こういうここぞ!という時のために科学の力は取っておこうと思っています(笑)。

そんなわけで姑く出掛けられない日が続きましたが、


これがかえって仕事がはかどるし、家のこともゆっくり出来るしで、すごくいいリフレッシュになりました。
最近はちょっとバタバタと出掛ける用が多かったのですが、わたしはやっぱりこういう静かな時間が必要なんだと実感。

昼間は家事や制作に集中して、夜は本を読む時間がすごく楽しみでした。
『幻灯辻馬車/山田風太郎』は明治中ごろまでの自由党の動きを不思議な辻馬車を通して描いた話でしたが、学校で習うことのほとんどない近代史が活き活きした形で知ることが出来ていつも勉強させてもらっています。

それとなぜか読みたくなったフィンドホーンに関する本を今読んでいます。
わたしが生まれる前からあるイギリスのコミュニティー・フィンドホーンのことはざっとは知っていましたが、特に強い興味が涌くことはありませんでした。
それがなんだか急に知りたくなって創始者アイリーン・キャディの本など読み始めました。
本を読んでいても、慌ただしくしてばかりいると読んだ内容も素通りしていくような感じがしますが、今はいろいろなことを吸収出来るモードのようで、こういう時にたくさん本を読んでおこうと思います。


June.7th..2005


神戸に行くと寄りたくなる『おうちごはんmm』で、元町にマッサージにいったついでにお昼を食べました。いつもながら美味しくて体にもよさそうな玄米とお惣菜に満足でした。プチデザートは季節のいちごを寒天でゼリー?固いババロア風も美味しかった。

マッサージの後は久しぶりに『マリア-ジュ』でケーキとルイボスティーのブレンドティーを。
お値段も2倍だけど量もたっぷり2倍のケーキとポットでサーブされるお茶を堪能。
マンゴーのタルトでしたが、フレッシュなマンゴーとカスタードクリームの組み合わせが甘いけどぺロッと食べられる感じでした。

ずっとこれっていうシャンプーが見つからず、シャンプーボヘミアンのような感じでしたが、



やっと定番になりそうなシャンプーが見つかりました。
いつか注文しようと思っているうちに時間が経って、久しぶりに
MARKS & WEBのサイトをのぞいたらダメージヘア用が出ていて迷わず注文。
今までかなりしっとりするケミカルシャンプ-だったので、使うまでやや不安でしたが、
肌にも優しくて石鹸シャンプーなみにしっかり生分解するのに洗い上がりもケミカルシャンプーに負けないくらいでした。
シャンプーの化学成分は肌から吸収されて肝臓にも負担になるので切り替えたくて、
でも石鹸シャンプーではとんでもないヘアスタイルになってしまうしと長い試行錯誤を経てやっと巡り会いました。近くでも気軽に買えるともっといいのに。

隣のアイスクリームカップに入っているのはあずきのパックです。
曼陀羅石鹸房さんで作られていた優しい香りでつるつるになる優れもの。
スクラブなどするとすぐに肌が硬くなったりすることがありますが、これはそんなこともなく
お風呂で楽しくお手入れ出来ます。

最近読んだ本・読んでいる本

エドの舞踏会/山田風太郎
何度も舞台化された明治ものの名作です。
明治時代の鹿鳴館に集う人々を、政治家の妻の目線で描いています。
ラストあたりにはやっぱり泣かされてしまいました。

幻灯辻馬車/山田風太郎
孫娘を連れ辻馬車を営む元会津藩士。窮地に陥ると息子や妻の幽霊が表れ救ってくれるという不思議な話。ありえねーという状況設定ながら、違和感を感じずすいすい読める。さすがは風太郎先生。
読めば読む程ますます好きになる素晴らしい作家です。


June.1st..2005


あんまりコンビニには行かないので、
新しいお菓子などにはうといのですが、
このチロルチョコのナイスなデザインは見逃せません。裏側には小鳥も飛んでいますよー。

チョコレ-トはあんまり食べないけど、
ミントチョコは好きな方。
好きなパッケージのお菓子が好きな味だったら、
嬉しいですね。

もうひとつ最近復活したこれも好きな味です。
『栗原さんちのおすそわけ』
抹茶プリンにレモンソースという意外な組み合わせですので、パッケージを見た時点でちょっと引きましたが、食べてみたらこれがなかなかのお味です。



甘さも押さえめでいけます。

パッケージも軽量カップになるよう目盛りつき。

北欧の雑貨の本が出ていたので、つい買ってしまいました。


『ていねいに暮らす』シリーズの方は、
やはりちょっと渋めのセレクト。
福岡の『TRAM』さんが載っていたのでまじまじと見てしまう。


久しぶりに岡本にお出かけ。
大好きなフロイン堂のパンをまず買ってから、ナイーフやKitchen kitchenなどを廻る。
お昼は行きたかった『Yuddy』で八穀米のランチを頂く。
野菜もたっぷりで、ちょこっとデザートもついているのが嬉しい。



近所にあったらいいなのお店No.1です。
当分岡本に行ったらここでランチかな。

和のデザートも充実しているので、
今度はそちらも食べてみたいな。

でもここに行くと『甜蜜蜜』に行けないのが残念。
胃がふたつ欲しいくらいです。

その後はひつじ書房で絵本を眺めて、
駅前の『FARM HOUSE CAFE』にておやつ。
キャラメルのシフォンケーキもボリュームたっぷりなのにとってもお手頃。ここも居心地がいいです。
ついつい話が長くなりそうないい感じ。